JOYの韓国ドラマ手帖★無料動画

無料で観た韓国ドラマ動画の記録帳

男が愛する時<視聴完了>感想

【男が愛する時】観終りました~ 

うーーーん どうですか、これ? 

途中まではまあ良かったと思うんですけどね、後半以降がちょっと微妙・・・

f:id:hatsu82:20150329213417j:plain

 以前、どこかで誰かが書いている感想を見たことがあるのですが

その方が「結局このドラマ、何が言いたいの??」と言ってたことの意味が

分かった気がします。

 

実は私もいまひとつよく伝わってこなかったドラマだったのですが

まずは一旦公式サイトで

このドラマが<何を伝えようとしたドラマだったのか>

ちょっとおさらいしてみたいと思います。

 

こちらが「男が愛する時」公式サイト

 

イントロダクションによると↓

*********************************************************************

男が愛する時、何が変わり、何を失い、何を得るのか。

一途さ故にすれ違ってしまう男女のロマンスをスリリングに、

そして切なく描いた話題作。

**********************************************************************

・・・がテーマでしょうか?

 

f:id:hatsu82:20150330150926j:plain

 

その下、こんな表記もありますね↓

**********************************************************************

誤解や所有欲など、愛が生み出す狂気、

その愛に翻弄される人間の真理を鋭く描き出す濃厚なストーリーは

 高い”中毒性”を持ち、一度みたらやめられなくなる。

**********************************************************************

 

f:id:hatsu82:20150330150446j:plain

 

中毒性があって、やめられなくなるかどうかは別にしても

このふたつをまとめてみると、

結局テーマはこういうことだったんじゃないの?というものを

勝手に編成させてもらうと↓

**********************************************************************

『男が愛する時、何が変わり、何を失い、何を得るのか。

誤解や所有欲など、愛が生み出す狂気、その愛に翻弄される人間の真理や

一途さ故にすれ違ってしまう男女のロマンスをスリリングに切なく描く』

**********************************************************************

こんなかんじでしょうか?

 

f:id:hatsu82:20150330164459j:plain

 

だとしたら・・・

本当は必要なかったストーリーやシーンも多かったような気がします。

 

 特に香港のロイ・チャンやチャン・ジミョン、

この2人をハンテサン(ソン・スンホン)とジェヒ(ヨン・ウジン)の

生い立ちに重ねてきたあたりからは、更にごちゃごちゃ感が増して

主テーマと逸れていったんじゃないかな?

 

ハン・テサンが香港のチャン・ジミョンを訪ねた直後

f:id:hatsu82:20150329230451j:plain

f:id:hatsu82:20150329230817j:plain

チャン・ジミョンさん倒れちゃうわけですが、果たしてこのドラマ展開の中で

チャン・ジミョンさんを病気にする必要があったのかとか

私はいまだに謎なんですが^^;

 こういう不要な部分を感じさせるところもそうだし

 

f:id:hatsu82:20150330145627j:plain

 ハン・テサンの生い立ち

ハン・テサンのお母さんのライフストーリー

 

f:id:hatsu82:20150330145744j:plain

ジェヒ&チャンヒの兄弟の秘密に

香港のロイ社長とチャン・ジミョン会長との血縁関係

 

ああ、あとチェ・ジョンアンさん演じるペク・ソンジュと

ク社長(イ・チャンフン)それぞれの情愛

f:id:hatsu82:20150330161805j:plain

f:id:hatsu82:20150330162043j:plain

もう ぜーーーんぶをストーリーに盛り込もうとするから

視聴者には微妙に伝わらなくなっていくんじゃないですかね、主テーマが・・・

 

 

まあ、個人的にはそんな残念な部分を感じつつですが

ポイント、ポイントではいいな、面白いなと思うところもありましたけど。

 

まず書き留めておきたいのはこの人ですね~、JB!!

f:id:hatsu82:20150330155751j:plain

わたしカレがK-POPの人だとは全然知らなかったのですが

爽やかで家族思い、本人自身にも夢があって明るく前向きに生きるミド

(シン・セギョン)の弟役には適役だったかなと。でもミドの弟の夢を歌手ではなく

違う職業にした方がこのドラマにはあっていたんじゃないかな?

 

 

チャンヒ役キム・ソンオssi

シークレットガーデンのキム秘書がこんなところに!というかんじでしたが

この方も出演作が多い芸幅の広い方ですね。

f:id:hatsu82:20150330160045j:plain

f:id:hatsu82:20150330164310j:plain

余談ですが、この方わたしの知り合いにとっても似てるんですよ。

ハーフっぽいけど洋風な顔立ちというほどでもない、オリジナルな雰囲気が

ありますよね。この見かけの個性は役者さんとして彼の武器ですね。

 

ロイ・チャン=テミン役のキム・ソギョンssi

私は知らない方でしたが、調べてみたらドラマ【感激時代】に出ているんですね。

f:id:hatsu82:20150330160739j:plain

どのシーンでキャプってみても似たような表情ばかり(笑)ある種ポーカーフェイス

を要される役には非常に向いている人と言えるのかもしれません。

 

ボスの右腕には右腕なりの悩みがあり、

そして左腕には左腕なりの悩みがある。

f:id:hatsu82:20150330151906j:plain

「自分はいつまでたっても所詮左腕」が悩みだったドング

こんな脚本は個人的に面白かったかなと思うんですが、このハン・テサンの左腕

ドング役はチョ・ジェリョンssi。なかなかナイスなキャスティングでした。

 

 

町の小さな古本屋さん、その軒先には誰でも自由に書き込める黒板があって

伝えきれない心の奥底の感情はき出すように書いたり、眺めたり。

f:id:hatsu82:20150330153015j:plain

f:id:hatsu82:20150330153040j:plain

店じまいの際、ラストを飾った黒板の言葉

” あなたという存在は

  本から感じた悲しみを共有してくれた人だ ” も素敵でしたが

f:id:hatsu82:20150330153554j:plain

f:id:hatsu82:20150330154257j:plain

f:id:hatsu82:20150330155014j:plain

この小さな古本屋さんと軒先の黒板がもたらしていた役割は

ドラマらしくて素敵だったかなと思います。

 

それにしてもまあ、ロケーションといい、よくこんな建物を見つけたものですよね。

もともと本屋さんだったんでしょうか?

f:id:hatsu82:20150330155234j:plain

f:id:hatsu82:20150330155302j:plain

ちょっと検索してみたら、案の定ロケ地巡りのツアーも出てるようですが

ソウル市内ではなく仁川なんですね^^

東仁川駅から近い公園の脇だそうです↓

「男が愛する時」 ロケ地 Part.1 - Kdrama Location Maps

 

 

★メモ★

本国放送:2013.4~/MBC水木ドラマ/全20話

 

 

【男が愛する時】ハン・テサン(ソン・スンホン)の部屋

 

【男が愛する時】黒板のメッセージ