JOYの韓国ドラマ手帖★無料動画

無料で観た韓国ドラマ動画の記録帳

笑ってトンへ<視聴完了>いやあ長かった!

【笑ってトンへ】全159話、視聴完了!

長い間ご覧くださりありがとうって ほんとだよね、いやあ長かった^^;

f:id:hatsu82:20150530124129j:plain

文字どおり1日1話で159日かけて観たわけですが

わたしにとっては継続的に観ていくのにちょっと根気のいるドラマでした(笑)

 

ドラマの長さの割に登場人物はそう多くないんですよね。

ある一家とそこに関わる人々の人間関係を描いただけのホームドラマなので

おそらくどの年代が観ても楽しめるドラマなのが、最高視聴率43.9%をたたき出した

勝利要因だったんじゃないかと思います。

 

それから<ドロドロ系愛憎劇ドラマ>とはまた違った

<こじれ系ドラマ>程度に留めておいたのも良かったんでしょうね(笑)

 

途中で観るのを止めようかと思ったこともあったんだけど、

100話過ぎたあたりから今までにも増して「そうきたか!」という展開になり

「そことそこがこう繋がって、ああなって、、、で?」みたいな

 

要はおおよその展開予想はつくんだけど

「最終的にこれ、どこに着地点を持っていきたいのよ?」という

大筋に対するフラストレーションが微妙にたまっていくので、そういう意味で

先が気になり、結局なんだかんだと最後まで付き合ってしまったかんじです。

 

結局のところの最終着地点は

あんだけ内輪揉めしておきながら、恐るべしエブリバディhappy

みんな元さやに戻ったよねー つながったよねー

 

「もうそんなにこじらせなくていいじゃん!!」というくらいこじれる人たちと

f:id:hatsu82:20150530125231j:plain

f:id:hatsu82:20150530125406j:plain

 

「もう何がなんでもそこ繋がらなくてもいいから!!」という人たちまで

f:id:hatsu82:20150530125505j:plain

f:id:hatsu82:20150530125556j:plain

 

最後はどさくさに紛れてこの2人まで無理に繋げていましたが

f:id:hatsu82:20150530130331j:plain

いやあ途中何度も言いたくなったよね

「キミたちどんだけ狭い世界で生きているんだ?!」と(笑)

 

前半は「え?!そことそこも繋がってたの??!」という

絶え間なく<有りえない縁>のオンパレードなんだけど、後半はもう慣れたもんで

視聴者のほうが一歩目線を上にあげて心境的には仏の境地に入ってくるよね

 

世の中もっと広いよ~

ちょっと外の世界に目を向けたら、もっといろんな人いるよ~

いろんな機会があるよ~

色んな選択肢あるよ~

「だからもうそこにこだわらなくていいじゃん!!」

と言ってあげたくなっちゃうくらい、内輪の世界にしか目がいかない人たちが

引き起こす内輪揉めストーリーは、現実的にまず有り得ないところがご愛嬌^^;

 

とうとう最終話までツッコミどころが消えることはなく

f:id:hatsu82:20150530131611j:plain

f:id:hatsu82:20150530131702j:plain

f:id:hatsu82:20150530131718j:plain

結婚式会場に「お届けものでーす」とか来ないでしょう普通!!と

最後のツッコミをいれさせていただきます。

 

なんでこのドラマを観はじめたって、

単にアレックスが出てるからってだけだったんですが

いやあ最初のころは理解できなかったよね

アレックス、なんでこんな役引き受けたんだろ?????みたいな・・・

f:id:hatsu82:20150530132149j:plain

ところがもう159日も観終るころにはこちらも慣れっこになってるもんだから

案外「へなちょこ長男役うまかったねー アレックスにあってたねー 

本業歌手なのに俳優業にも活路を見出すなんて、あなたってやっぱり秀才!!」

くらいの感想になってる自分もさすが^^

ジュヨンちゃんにはMVPをあげたいね、このドラマでセヨンという役も

また欠かせない重要な役割だったと思いますが、セヨンキャラにぴったり☆

 

キム・ソンウォンさん、チョン・ユンスクさん

長丁場のドラマ撮影大変だったのではとお察ししますが、お疲れさまでした。

ハラボジはホテル経営の会長職、

ふたりのおだやかなオシドリ夫婦役がいいかんじで似合ってました~

f:id:hatsu82:20150530142831j:plain

 

159話中158話くらいはひたすらクルクルパーマの王道アジュマだったのに

最後の娘の結婚式ではメイクするとこんなにきれい!な方でした、イ・ボヒさん

f:id:hatsu82:20150530142855j:plain

この奥さんはちょいちょい口が悪いところもあったりで、

いつもご主人が横からサラッとカバーするというのがみてて面白かったけど、

このボンイパパは最初から最後まで芯のある真面目で優しいお父さんでした。

 

そんなパパに育てられた娘、ボンイちゃんが本当にいい子だったのが

わたしの中ではこのドラマの救い 

最後はトンへとめでたしめでたしと相成るわけですが、ウェディングシーンも

いつもの短い髪でよかったのに。そのほうがボンイらしいのにね

f:id:hatsu82:20150530143745j:plain

f:id:hatsu82:20150530210735j:plain

f:id:hatsu82:20150530212012j:plain

そしてそしてチ・チャンウクssi このドラマで大ブレイクしたわけですが、

まあまさに笑顔のいい人をキャスティングしたんでしょうけど

彼が笑うと本当にみているほうも癒されるんですよね~ 

 

物語もトンへがどんなに辛い状況に立たされようとも

いつも笑って、前向きに生きようとしている姿を描いたものでしたが、まあでも

アイスホッケー選手がホテル厨房の名コックになり、これだって現実的には

不自然なのに更にはホテル経営者になりましたからねえ

脚本家の妄想の世界に拍手(笑)

 

ところで、途中で唯一1枚だけキャプっておいた写真があるんですが

86話でイさん一家がキムチ工場を再開させたときの<ブタの顔の供え物>

f:id:hatsu82:20150530145928j:plain

よく新装開店や新規事業をはじめるときにやる「告祀」(コサ)というものですね。

 

ボンイママが言ってるとおり

<ブタが財をもたらす>という意味合いがあって、よくドラマや映画でも

撮影に入る前にヒット祈願と無事故撮影を祈ってやってるあれだと思いますが、

わたしブタの口にお札をはさむことまでは知らなかったので、ちょっと勉強に

なりました!

 

それからこれはキャプっておかなかったせいで私自身未だに探してるんですが

セワ&セヨンの母スルニョさんがセワの為につくっておいたスープを

セヨンが台所で発見して

「あ、旦那さんに持って行こ♪」と頂戴してしまうシーンがあるんですが、

そのときに使ってたスープタンクが確かに男性のお弁当として持たせるのに

ちょうど良さそうなかんじのおしゃれなスープタンクだったんで

それいいねいいね とネットであれこれ調べております。

f:id:hatsu82:20150530213837j:plain

 

STANLEY(スタンレー)クラシックフードジャー(スープジャー)0.5L【スタンレー魔法瓶】【スタンレー水筒】

価格:5,724円
(2015/5/30 15:27時点)
感想(20件)

多分これじゃないかな~?という気がしていますが、こんな雰囲気のものでした。

これはスタンレーというアウトドアメーカーのものみたいですね。

いいかもーーー うちにも欲しい!