JOYの韓国ドラマ手帖★無料動画

無料で観た韓国ドラマ動画の記録帳

視完<モンスター~私だけのラブスター~>感想というより語っちゃうよpart2

さてまだまだ余韻の残る【モンスター~私だけのラブスター~】ですが

これストーリーとしてはけっこう普通の学園ドラマで

ある日クラスに<親子の色々があって南半球でしばらく暮らしてた女の子>と

f:id:hatsu82:20150628031048j:plain

f:id:hatsu82:20150628031326j:plain

<ちゃんと学校に通わなくちゃいけなくなった国民的アイドルスター>が

転入生としてやってきた、というところから始まります。

 

そのクラスには「優等生」から

f:id:hatsu82:20150628134211j:plain

「いじめられっこ」

f:id:hatsu82:20150628120210j:plain

f:id:hatsu82:20150628120224j:plain

「怖い雰囲気を漂わせる子たち」まで

f:id:hatsu82:20150628122826j:plain

個性も色々。

そんなバラバラな個性をもつ彼らがちょっとした経緯でチームを結成して

音楽バトルに挑むことになり・・・

f:id:hatsu82:20150628120048j:plain

という高校生たちの日常物語なんですが、学校生活や音楽活動を通じて

彼らが<愛>というものに気づいて成長していく姿が描かれています。

 

人が人を想う気持ちのことを神様は<愛>と名付けたのだと定義するなら、

ドラマのかなり後半に出てくるこのシーン

ミン・セイがソヌを誘って映画に行ったとき、カフェで手に取った本にある一節

f:id:hatsu82:20150628034421j:plain

f:id:hatsu82:20150628034533j:plain

”幼年期でも思春期でも壮年期でも

存在の最も深い部分を貫いていたのは愛であった” という素敵なフレーズが

このドラマ全体のメッセージを示唆してくれてるんですが

若い彼らの日常には友情あり、恋もあり、

f:id:hatsu82:20150628122131j:plain

f:id:hatsu82:20150628122232j:plain

親子兄弟の家庭の問題もありと

f:id:hatsu82:20150628173731j:plain

f:id:hatsu82:20150628121933j:plain

f:id:hatsu82:20150628121952j:plain

日々色んな角度から<愛>を感じとり学んでいくわけです。

 

人と人はお互いを想いながら生きているけど

<想い>は時に小さな擦れ違いや摩擦が生じることもあるし

f:id:hatsu82:20150628114051j:plain

f:id:hatsu82:20150628113353j:plain

f:id:hatsu82:20150628114446j:plain

f:id:hatsu82:20150628114500j:plain

f:id:hatsu82:20150628140350j:plain

<想い>は時に望みどおりに相手に響かないこともある・・・

f:id:hatsu82:20150628114201j:plain

f:id:hatsu82:20150628114244j:plain

f:id:hatsu82:20150628114328j:plain

f:id:hatsu82:20150628114352j:plain

誰かのことで傷ついた自分だって、

誰かを傷つけながら生きているということ

f:id:hatsu82:20150628115017j:plain

f:id:hatsu82:20150628115158j:plain

大人の世界だって

自分たちと何ら変わらない<愛>というものが存在するのだということに

f:id:hatsu82:20150628115837j:plain

f:id:hatsu82:20150628115921j:plain

f:id:hatsu82:20150628115852j:plain

f:id:hatsu82:20150628120400j:plain

f:id:hatsu82:20150628120421j:plain

f:id:hatsu82:20150628120502j:plain

f:id:hatsu82:20150628120441j:plain

彼ら自身が少しずつ気付きながら大人になっていく。

それでもどうしようもなく気持ちの行き場がなくなるときには

音楽が支えになってくれることもあるし

f:id:hatsu82:20150628121554j:plain

f:id:hatsu82:20150628121630j:plain

仲間がいればいいじゃない

f:id:hatsu82:20150628121703j:plain

神様はそう乗り越えられない試練なんて与えないものなんだよ

f:id:hatsu82:20150628123808j:plain

という結論に達していく彼らはまぶしい限り

 

まあ私が学園ドラマ好きなのは、もう大人になってすっかり忘れちゃってるような、

どこかに置き忘れてきてしまった『あの頃の気持ち』にふわっと引き戻される

この感覚がたまらなく好きだからなんでしょうねー

f:id:hatsu82:20150628124434j:plain

ということで合間合間の音楽にしっかりしたメッセージが込められた物語で

特にこの最終話のラストシーンはそのメッセージ性を上手く融合させた編集で

すごくよかったなあと思います。

 

愛が来た

俺たちの生活のなかに愛がきて

恋しさに変わった

f:id:hatsu82:20150628124459j:plain

f:id:hatsu82:20150628124520j:plain

f:id:hatsu82:20150628124534j:plain

時間の威力に揺れながらも

人々は負けず

心の中に愛があることを忘れずにいた

f:id:hatsu82:20150628124632j:plain

f:id:hatsu82:20150628124719j:plain

f:id:hatsu82:20150628124811j:plain

f:id:hatsu82:20150628124825j:plain

f:id:hatsu82:20150628124847j:plain

 

子供の頃や思春期もそう

f:id:hatsu82:20150628125155j:plain

f:id:hatsu82:20150628125258j:plain

f:id:hatsu82:20150628125432j:plain

f:id:hatsu82:20150628125333j:plain

大人になっても同じ

 

存在の最も深いところを貫く その名前こそ

f:id:hatsu82:20150628125531j:plain

f:id:hatsu82:20150628125549j:plain

f:id:hatsu82:20150628125607j:plain

f:id:hatsu82:20150628125630j:plain

f:id:hatsu82:20150628125646j:plain

f:id:hatsu82:20150628125704j:plain

f:id:hatsu82:20150628125726j:plain

<愛>だった

・・・ということですよ 早いはなし!

 

 

f:id:hatsu82:20150628132911j:plain

次回part3へまだ続く

 

 

関連記事

www.joy-dorama.com