JOYの韓国ドラマ手帖★無料動画

無料で観た韓国ドラマ動画の記録帳

視聴完了<応答せよ1994>X世代必見!応答せよ、私たちの90年代 part3

さて、先日の連休で映画「尚衣院 -サンイウォン-」を観てきたんですが

「応答せよ1994」のチルボンことユ・ヨンソクくんは

コンプレックスを抱えた苦悩の若王で出演してました。

f:id:hatsu82:20151128195822j:plain

こちらの感想についてはまた別に書くことにしたいと思いますが

彼について、これはこれで勿論良かったんですけど

やーっぱり「応答」のチルボンがハマリ役だったよなあ・・・と思ってしまう

 

f:id:hatsu82:20151128195230j:plain

 

役者にとっては必ずその人を開花させる運命のハマリ役というものがあって

ただその出会いを果たす<時>を待っているだけなんじゃないかという話ですが、

面白いことに「応答せよ1994」の場合、これが特定の誰か一人に限っての話ではなく

みんながみんなそんな感じで語られるところもユニークだと思うんですけど

 

御多分に漏れず、彼女もまさにそんな一人だよね。

araちゃん♪

f:id:hatsu82:20151128172433j:plain

 

このドラマを最初の1~2話観ただけでリリースされたマスコミ評が

<「応答せよ1994」は必ず成功する>

そして彼女については<このドラマで最も重要な俳優だと思われる>

<ただ彼女を開花させる役に出会う時を待っていただけだ>と。

 

news.kstyle.com

 

好みの問題かもしれませんが

わたしも ”応答せよ” は「97」より「94」の方が断然面白い!と思うんですけど

このレビュー記事、良いこといってますね

 

1990年代の思い出を取り扱った点で、訛りが持つアナログ的感性を最大化したという点で「応答せよ」シリーズは同じ軌道に立っている。しかし「応答せよ1994」では、このすべての特徴をさらに具体的に、そして繊細に描いてある。前作で物足りなかった点が、3年前に遡ることにより充実に満たされた感じだ。かすかな思い出旅行はこの作品でこそ、しっかりしている。

 

そう、「97」って何か<もの足りない>

何が?と言われても具体的には言えないんだけど

この「94」を見終った後の<充足感>に比較したら雲泥の差・・・

 

建物ひとつ、小道具ひとつまで1994年を再現することに心血を注いだ痕跡があちらこちらで見える。制作スタッフの努力に、役者たちの見事な演技が加わり、ドラマはさらに強固になった。主演俳優のAra、チョンウをはじめ、ソン・ドンイル、イ・イルファ、ユ・ヨンソク、キム・ソンギュン、ソン・ホジュンなどの自然な訛りは、何度繰り返して見ても文句のつけどころがない。

 

とかく小道具さんがいい仕事してた話はpart1で書きましたが

<自然な訛りは、何度繰り返し見ても文句のつけどころがない>の部分

 

そう、このドラマの役者選定不可欠要件に

<ナチュラルに訛りがすらすら出てくる>というのもあり、それに加えての

<キャラクターの雰囲気に合う人>ということで、本当に今振り返っても

一人ひとりが誰にでも出来る役ではなかったと思うんですが

araちゃんも本来持つ彼女の個性が半分、そして

ナジョンを演じる努力が加わり完成した姿だったんじゃないかなあ

 

f:id:hatsu82:20151128175611j:plain

世界で最も美しい女性100人(2014)』の20位以内に悠々ランクインする彼女は

ほんとうに瞳がきれい!!

 

1994年当時はまだ4歳、「作品の背景になる90年代のことをきちんと知りたくて

ファッションからスポーツ、事件・事故に至るまで何でも調べてみた」

と語る彼女ですが、ナジョンのために切ったことのない髪の毛を切り

いつもスマートな彼女が5キロも増量をして臨んだ徹底ぶり。

 

news.kstyle.com

 

このキレイな瞳に涙を浮かべている姿に、ずうずうしくも

遠い昔の自分の姿が重ねて見えた女性、少なくないんじゃないでしょうか(笑)

 

言い訳すれば

<わたしなりに若い時代をときめきながら過ごした時間あったのだ>

というマイ・ノスタルジアをちょこっと引き出してもらっただけで、

まかり間違っても私もaraちゃんのように可愛かったという意味ではないんだけど

ほーんと、何度も同じこと言っちゃうけど

ナジョンを見てると不思議と昔の自分の姿みているようでした。

心が洗われたよー ナジョン、araちゃん 最高!

 

この秋わたしの大好きなギュさまのPVに出てくれたaraちゃん


KYUHYUN 규현_밀리언조각(A Million Pieces)_Music ...

こういうのを見るとやっぱりナジョンとはあくまでも役で

本来のaraちゃんはモデルクラスの美しい女の子なんだけど、

応答せよのナジョンと↔araのスイッチ切り替え・ギャップ差こそが魅力でした。

 

さて、「応答せよ1994」で未だ謎に思ってることがひとつ。

ナジョンはこのチングがまさかのオッパに想いを寄せていたことを

知っていたんだろうか・・・

f:id:hatsu82:20151128184038j:plain

そういえば"応答せよ"は「97」の中でも

友情を飛び越えて抱く同性への感情というものが描かれていたけど、

こちら「94」でもこういったことを含め

それから彼は医学部のエリート学生なのに大学を休学したりもするんだけど

この<多感な年齢を生きる>ということを上手く表現するのに重要な役だったのが

ピングレことバロくん。

 

いやあ、わたしバロという名前をかろうじて知ってたのは

以前バラエティ番組の「わたしたち結婚しました」で、コ・ジュニちゃんが

ジヌンに「好きなアイドルはバロ」って言ってたのが印象に残っていて

なんとなく知ってた程度なんだけど、これでばっちりインプット完了^^;

 

実はチルボンと従兄弟同士だったという設定には、途中で気付いたんですが

この設定、何気によかったなと思う。物語を進めるのにさほど重要ではなけれど

チルボンとピングレの間にだけ流れる分かり合っている空気感があったよね。

f:id:hatsu82:20151128190301j:plain

スレギがピングレをすごくかわいがっていて

「おれの子犬~」って言いながらアゴをこちょこちょやってるシーンは

キャプっておけばよかったなと思うし、ほかにも数々の名シーンがあるなかで

個人的にはピングレが最後にスレギの病院を訪れて一緒にご飯を食べるシーンが

印象的。ピングレだけが一方的に内心<最後の晩餐>と腹を括っているという・・

あー あそこもキャプっておくべきだった!

 

各役とも<ナチュラルな訛り>が必須の”応答のキャスティング”にあって

「ピングレのイメージにあってるから」という理由で決まったそうですが、

実はB1A4のメンバー全員がオーディション受けてたんだね

 

news.kstyle.com

 

実際のところ、気の小さかったピングレと本来の自分の気質や性格は

全く違うというバロくん。

1994年当時は3歳だったから、サムチョンポとのリアル歳の差は13歳!

正直に話せば「応答せよ1994」は<時代劇を演じているようだった>と

語る彼の言葉に嘘偽りはないでしょう。

ええ、ええ、そうでしょうとも^^;

 

残念!全3回では完結せず、まさかのpart4

この2人も外せないのです。

新村下宿のお父さん・お母さん、ちょっと待ってて~

 

 

関連記事:

視聴完了<応答せよ1994>X世代必見!応答せよ、私たちの90年代 part1 - JOYの韓国ドラマ手帖★無料動画

視聴完了<応答せよ1994>X世代必見!応答せよ、私たちの90年代 part2 - JOYの韓国ドラマ手帖★無料動画