JOYの韓国ドラマ手帖★無料動画

無料で観た韓国ドラマ動画の記録帳

韓国ドラマ「恋愛世代」無料動画配信スタート!

Gyaoさんで韓国ドラマ「恋愛世代」の無料動画配信がスタート!

あまりドラマをやらないチョン・ウソンさんですが

彼の1996年出演作で、本国タイトルは「1.5」

恋愛世代|GYAO!|ドラマ

 

純韓国人でも純アメリカ人でもない

1.5世代の若者たちの彷徨と夢を描いたドラマ。

f:id:hatsu82:20161116204453j:plain

 

個人的には「シム・ウナって誰?」

ってかんじなんだけど、このページによると

1.5(드라마) - 나무위키

シム・ウナ × チョン・ウソン × シン・ヒョンジュン

という組み合わせは当時

「ビッグスター夢の共演!」

といえるキャスティングだったとのこと。

 

以下、上記リンクの『3.トリビア』

に書いてあることをまとめてみると

(翻訳機能でおかしな表現になる部分は意訳)

 

・「アクセシビリティ風」で、米国内の韓国人社会をリアルに演出したイグァンフイPDが野心的な準備したが、このプログラムの提供会社の一つである●●が突然▲▲と提携するとして、本来意図した演出の方向がたくさん流れた。だから極端に若い視聴者を見てターゲットにキャッチ風に主視聴者層である30代以上の視聴者に、かえって背を向け受けることになる。

 

・ソン・ジチャンが演じた「ソッキョン」というキャラクターが在米韓国人と留学生を卑下するコミカルなキャラクターに変質させる様子に放送中の韓国人たちの集中非難を受けた。さらに韓国人向けの新聞にもよく報道されたという。

 

・このドラマを撮影した当時のモデル/キム・ソヨンの年齢は18歳だったが、初回からチョン・ウソンとのキスシーンを披露し、当時PC通信で議論を呼び起こした。

 

・シン・ヒョンジュンとシム・ウナは恋人に発展している途中別れてしまう関係に設定されたが、PC通信で「関係が続いて欲しい」という世論が殺到、二人は恋仲が継続する関係で修正されたという。
劇中シン・ヒョンジュンは、養子役とたどたどしい韓国語を披露しなければならず、米国での撮影期間中に養子役と同世代の子を相手にそのような韓国語を学んでキャラクターを完成したという。

 

 

20代だった1990年台

”イケメン俳優”という役割を

一手に引き受けてきた彼も40代。

 

芸歴22年という時間はいつしか彼を

トレンディ俳優から信頼のおける演技派へと成長させた

的なことが書いてあるけど

映画「阿修羅」の彼は

「うちらの知るチョン・ウソンはいずこへ?!」

と思わされるほど、完璧に凄まじい悪人ぶりだそう。

 

絶えず次回作のオファーがある方ですが

現在検討中の映画「銅の雨」は

映画「弁護人」の監督、ヤン・ウソク作品!

(全リンク news.kstyle.com

 

 

★メモ★

本国放送:1996.4~/MBC月火ドラマ/全16話